眼瞼下垂

眼瞼下垂が起きる原因には大きく2種類あり、
皮膚のたるみによる眼瞼下垂」と
筋肉の弱りによる眼瞼下垂」です。
重要なポイントはそれぞれの原因に
応じた手術を行うことです。

当院の眼瞼下垂の治療について

当院の眼瞼下垂の治療について

眼瞼下垂のデザインは
自然・ナチュラルを目指しています

僕はもともと眼科医です。眼科医になってから眼形成を学び、世界最高の水準にまで高めてきました。
当院所属ドクターもほとんどは
もともと眼科医です。

美容外科では「出来るだけ目をパッチリさせる」ことが正義ですが、僕ら眼科医の目標は「出来るだけ自然で機能的なまぶたを作る」ことが正義です。
それは形状だけでなく、自然なまばたきが出来なければ、目が傷ついてしまうこともあるからです。
この世に授かった形状や機能を妨げることなく、デザインすることを心掛けています。

眼瞼下垂の症状

こんな症状があったら
たれマブタ(眼瞼下垂)かもしれません。

  • 目が重い
  • 二重の幅が広くなってきた
  • ハードコンタクトを使っている(いた)
  • 肩こり、頭痛がひどい
  • 眠そうだと言われる
  • 目が細い
  • 目つきが悪いと言われる
  • おでこのシワが目立つ

上まぶたが垂れてきて目を覆うようになってしまった状態を眼瞼下垂(たれマブタ)と言います。この状態になると、上記のような症状が出現します。

眼瞼下垂の手術を他院で受けたが、
納得した仕上がりではなかった方へ

当院には、他院で治らない治せないと言われた方々がたくさんいらっしゃるのですが、他院で眼瞼下垂手術を行い、思いどおりの結果にならなかった方も数多く来院されます。

他院で修正することが難しいと判断された方でも、今まで来院されたほとんどの方が治療が可能ですので、まずは一度ご相談いただけたらと思います。

ご相談はこちらから
眼瞼下垂の修正手術をみる

眼瞼下垂の2つの原因

  1. 皮膚のたるみによる眼瞼下垂

    たれマブタ(眼瞼下垂)の原因は、大きく分けて2つの種類があります。
    まず最初に皮膚のたるみによるものが挙げられます。これは、年齢とともに徐々に皮膚が伸び、たるんでしまったものです。

    もともと一重まぶたであった方に起こりやすく、おでこに深いシワが目立ち目の形が八の字になってイラストのような表情になります。これを皮膚のたれマブタと言います。

    皮膚のたるみによる眼瞼下垂
  2. 筋肉の弱りによる眼瞼下垂

    一方で、まぶたを上げる筋肉が弱くなってしまうタイプのたれマブタ(眼瞼下垂)もあります。年齢とともに筋肉が伸びてしまい、それを補おうと眉毛が上がってしまいます。

    ハードコンタクトレンズを装用している方、過去に装用していた方がなりやすいです。これを筋肉のたれマブタと言います。

    皮膚のたるみによる眼瞼下垂

眼瞼下垂の治療

治療はそれぞれの原因に応じた手術を行うことです。

  1. 皮膚のたれマブタ(眼瞼下垂)の場合 皮膚のたれマブタの場合には、垂れてしまった皮膚をまつ毛の上で切除し、それ以上下がって来ないように二重まぶたを作成します。場合によって脂肪の切除も行います。
    もともと二重まぶたであった方の場合には、眉のすぐ下を切開する眉毛下皮膚切除を行う場合もあります。
    重度の場合には、その両方が必要になることもあります。
  2. 筋肉のたれマブタ(眼瞼下垂)の場合 筋肉のたれマブタの場合には、伸びてしまった筋肉をまぶたが機能的に上がるような位置に縫い直すことで治療します。同時に皮膚を切除することもあります。軽度の場合には皮膚を切開せず、目のうら側から行うこともあります。

当院が提供する治療の特徴

  • 当院が選ばれる理由1
    痛みを少なくする工夫、
    そして最先端技術の応用
    痛みや恐怖をできるだけ少なくする工夫を行い、そこからさらに世界の最先端の出来るだけ目立たない部位で切開する手術、そして全国でも有数の手術数からの経験を基に美容を意識した治療を行うことで来院される方々に安心して治療を受けて頂きたいと思っています。
  • 当院が選ばれる理由2
    眼形成眼窩外科を専門とした
    非常に数少ないクリニック

    当院が専門としている眼形成眼窩外科を行うことができる医師は全国的にも非常に少ない分野であります。このため日本全国で治療が不可能であると思いこんで諦めておられる方々が沢山いらっしゃいます。

    私は世界でも最高クラスにランクされるカリフォルニア大学ロサンゼルス校の眼形成部門への臨床留学を経て、最新の治療を学び、さらに毎年4回程度の海外講演を経てさらにそれをアップデートしています。

  • 当院が選ばれる理由3
    当院の設立目的は、
    “全国で悩まれている患者さんを治すため”

    現在までに北海道から沖縄まで全国の47都道府県のたくさんの方々からご相談を頂き治療を行って参りました。 当院を設立した目的は、まさにそのような治療を受けることが出来なかった患者さんたちを治すことにあります。

    最先端の知識と経験を元に、痛みの少ない麻酔方法で治療いたします。 治療に迷われている方々は、是非一度ご相談ください。

決して諦めないでください

当院では膨大な手術症例数に基づいた経験や技術を活かし、患者さん個々人のまぶたの状態に合わせた治療を行っています。どうぞ安心してご来院いただけたら幸いです。

眼瞼下垂手術の症例

皮膚のたれマブタへの手術

皮膚のたれまぶたの手術

皮膚のたれマブタでは、余った皮膚を取り除くことと、二重まぶたを作ることが目的です。

まぶたの皮膚をまつ毛の上5〜6mm程度の位置で切開し、余っている皮膚を切除します。
その後、二重まぶたを作製し皮膚を縫合します。同時に脂肪を切除する場合があります。

この方法のメリットは皮膚を切除し二重まぶたを作り直すことが出来ることです。もともと一重まぶたや奥二重まぶたの方は作り直した方が綺麗に仕上がります。

それから、皮膚の切除には眉毛の下を切開して皮膚を切除する方法もあります(眉毛下皮膚切除)。眼瞼の皮膚が分厚いため、まつ毛の上で切開すると二重まぶたも分厚くなってしまい不自然になることが予測できる方は、眉毛下皮膚切除が望ましいです。

この方法では自分の二重まぶたが露出されるので、皮膚がたるむ10年くらい前のご自身の自然な目の印象になります。眉毛下皮膚切除ではキズが体表にあるため、デザインに加え切開・縫合の技術という基本中の基本の力量が最重要視されます。力量が無ければ、キズが目立ってしまうためです。当院ではキズを目立たないように最大限の注意を払っています。

眉下切開の当院と他院の比較

眉下切開の当院と他院の比較

適切なデザインや縫い方には高い技術力・豊富な経験が求められる

切って縫うだけの単純な術式ですが、デザインや縫い方にコツがあります。 年齢によって徐々にたるみが増えるため、高齢になるほど目の横幅を大きく超えて目じりの皮膚まで切除しないと、逆に術後に目じりのしわが増えたように感じてしまうことがあるのです。

手術直後には腫れがかなり強く出ますが、2週間で8割程度の腫れが引きます。残りの腫れは6か月くらいかけて徐々に引いていきます。

1.目の形状が「ハの字」

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたれマブタにより目の形状が「ハの字」のようになってしまっている。目つきも暗く見られてしまう。
術後 皮膚のたるみが取れ、二重まぶたになっています。目に光が入るようになったため、目つきが改善したのがわかります。

2.目つきが悪く感じてしまう

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 若い人にも皮膚のたれマブタは起こります。
生まれつきの一重まぶたであると皮膚がたるんで目に被さってしまいます。目つきも悪く感じてしまいます。
術後 黒目が大きく露出するようになり、楽に目を開くことが出来るようになりました。目つきも良くなったのがわかると思います。

3.眉毛が上がり、おでこにシワが出来る

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたれマブタにより、眉毛が上がり、おでこにシワが出来てしまっています。
術後 皮膚を切除し二重まぶたを作成しました。眉毛が下がり、まぶたの皮膚の面積がかなり減っているのがわかります。
おでこのシワが消え、表情が良くなっています。まだ術後2週間ですので少し腫れや赤みが残っています。

4.まぶたが脂肪によって膨れている

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたれマブタがあり、黒目が小さくなっています。まぶたが脂肪によって膨れています。
術後 まぶたの皮膚と脂肪を切除し、二重まぶたを作成しています。
同時に目頭切開(内眥形成術)も行っているため、かなり目が大きくなってスッキリした目つきになっています。

5.まぶたの形状に左右差がある

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたれマブタがあり、まぶたの形状の左右差が出来ています。
術後 左右均等な二重まぶたを作成すると、きれいな目つきになりました。

6.他院で受けた
眼瞼下垂手術(挙筋短縮)の修正手術

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 他院で眼瞼下垂手術(挙筋短縮)を行ったが、まぶたの重さが取れないとのことで来院しました。
黒目は正常に露出していますが、皮膚が余って被ってしまっています。
切開線が細かいシワになってまぶたがガタガタになっています。
術後 まぶたの皮膚を適切に切除し、二重まぶたを作成しました。自然な表情になっています。
このようにデザインには多くの経験が必要なのです。

眉毛下皮膚切除の症例写真

7.目がすべて影になってしまっている

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみがあり、目じりにかけてほとんど目が影に隠れてしまっている
術後 皮膚のたるみが取れ、目がしっかり開いている。キズはほとんどわからなくなっています。これからさらに綺麗になっていきます。
  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 年齢とともに皮膚がたるんでいるため、中央から目じりにかけてほとんど目が開いていないように見える。
術後 眉毛下で皮膚を切除したため、目を開くことが出来るようになった。3か月目だが傷はほとんど目立ちません。これからさらに綺麗になっていきます。

8.ナチュラルにたるみを無くしたい

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚弛緩があり、目じりにかけて皮膚のたるみが出ているのが分かります。
まぶたの脂肪もあるので切除の選択肢もありますが、自然な仕上がりを希望され大きく変化することを希望されなかったので眉毛下皮膚切除を選択しました。
術後 目じりにあった皮膚のたるみは取れ、二重幅も広くなっています。眉毛下に出来た傷はほとんどわかりません。これからさらに綺麗になっていきます。
  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 年齢とともに皮膚がたるみ、奥二重のようになっています。
術後 目じりのたるみが取れ、すっきりとした目つきになりました。すでに創部はほとんどわかりません。これからさらに綺麗になっていきます。

9.眉毛が吊り上がっている

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみがあり、自然と眉の外側が上がっています。
術後 皮膚のたるみが取れたことで、眉の位置が本来の場所に変化しています。目の上の皮膚の量が減少していることがわかります。
  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみがあり、眉の外側が上がっていることが分かります。
術後 眉は自然な位置に戻りました。皮膚を引き上げているため目じりのシミの位置が変化しています。
キズはまだ赤いですが今後数か月かけて徐々に消滞していきます。キズは体質により目立たない場合も目立ちやすい場合もあります。

10.目つきが眠そうと言われる

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみと筋肉のたるみの両方があり、見開きが悪くなっています。眉毛下での皮膚切除と、筋肉の短縮術を行いました。
術後 目はきれいに見開けるようになり、皮膚のたるみも取れています。キズはほとんど目立ちません。
  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみと筋肉のたるみの両方があり、見開きが悪くなっています。
術後 目はきれいに見開けるようになり、皮膚のたるみも取れています。キズはほとんど目立ちませんがこれからさらに綺麗になります。

11.皮膚がまるで傘のよう

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみが傘のようになっているため、目がほとんど影に隠れてしまっています。
このように分厚いまぶたの場合に眉毛下皮膚切除が良い適応になります。
術後 皮膚のたるみが取れ、目に光が入るようになりました。キズはほとんど目立ちません。
  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 皮膚のたるみが傘のようになっているため、目がほとんど影に隠れてしまっています。
術後 皮膚のたるみが取れ、目に光が入るようになりました。本来あった二重が露出するようになりました。キズはほとんど目立ちません。

筋肉のたれマブタへの手術

筋肉のたれまぶたの手術

腱膜性眼瞼下垂への手術は、伸びてしまった腱を若い時の位置に縫い直すことで改善することが出来ます(挙筋短縮術)。

手術と同時に余分な皮膚の切除や、重さの原因となっている脂肪の切除を行うこともあります。

手術時間は重症度に応じて片側10分から30分程度かかりますが、静脈麻酔による鎮静を使い、痛みや時間を感じないように工夫をしています。

1.筋肉のたるみによりまぶたが開かない

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 筋肉のたるみによりまぶたが開かない。黒目が小さく、眉毛が上がっているために、おでこのしわが多くなっています。
術後 黒目が大きくなり、眉毛が上がらなくなったため、おでこのしわも無くなっています。(下眼瞼の手術も同時に施行しています)

2.右のたれマブタ(眼瞼下垂)

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 右のたれマブタ(眼瞼下垂)により、二重幅が非常に広く、眉毛も上がっています。右のみが悪いように見えますが、左も軽度のたれマブタがあるので両側とも同時に手術を行っています。
術後 両側ともたれマブタは改善し、左右差はほぼ解消しました。

3.たれマブタにより黒目が小さい

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 たれマブタにより黒目が小さく、二重幅が広く、眉毛が上がって、おでこにシワが出来てしまっています。
術後 黒目が大きくなり、眉毛が下がっておでこのシワが減り、二重幅は自然な状態になっています。

4.顔全体にたるみが出ている

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 筋肉のたれマブタにより黒目が小さくなり、二重の幅が広くなっています。
顔全体にたるみが出ているため、年齢よりも老けて見えてしまっています。
術後 たれマブタの手術を行い、その後に顔全体へヒアルロン酸注入を行いました。
全体的にハリとツヤが出て、素敵なお顔になりました。
このように当院では眼瞼下垂に加えて美容注射も行っています。

5.二重幅が広い

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 たれマブタ(眼瞼下垂)により黒目が小さくなり、二重幅が広くなっています。
術後 両側の手術後、左右差は消失し、黒目が正常に開いています。

6.左右差の大きいたれマブタ

  • 眼瞼下垂手術の症例 術前
  • 眼瞼下垂手術の症例 術後
術前 左右差の大きいたれマブタ。左目のたれマブタが重症であり、二重の幅が左右で大きく異なります。
術後 両側とも同じように手術することで、左右差を軽減することが出来ました。二重の幅も左右でほとんど同じになりました。

治療紹介動画をご紹介

眼瞼下垂の手術動画をYoutubeでご紹介

Youtube公式チャンネルで治療動画を
公開しています

当院は、皮膚を切らない眼瞼下垂手術(経結膜挙筋短縮術)が可能です。

余剰皮膚の少ない、比較的若い年代のかたにお勧めします。

治療料金の目安

両眼
眼瞼下垂手術 鹿嶋先生 ¥990,000
藤本先生 ¥770,000
モニター ¥550,000

上記の金額はすべて税込表示です。

オペ実施の場合、手術代金から自費診察料を差し引きます。

眼瞼下垂治療の副作用や
リスク、注意事項

  • 術中にまぶたの形を確認するため主に局所麻酔で行いますが、小児の場合など状況に応じて全身麻酔で行います。
  • 術前に痛みを感じにくいように鎮静剤を使用することがあります。
  • 局所麻酔で手術をおこなう場合、重い痛みを感じることがあります。痛みが辛いようであれば、麻酔薬の追加や鎮痛剤の投与で対応します。
  • 複数回手術をされている方は痛みが強い傾向にあります。
  • できるだけ左右差を少なくするように手術を行いますが、完全に左右対称にはなりません。術後に左右差が大きい場合には再度縫合処置をしたり、再手術を行ったりする事があります。
  • 術後徐々に傷痕は目立たなくなりますが傷痕が目立ったり、ケロイドになったりすることがあります。
  • 術後に傷が離解した場合は再度縫合処置が必要です。
  • 感染などで眼窩蜂巣炎になることがあります。
  • 術中鎮静剤を使用した場合血圧低下、除脈、呼吸抑制などが起こることがあります。

よく見られているページ

著者情報

鹿嶋 友敬

Tomoyuki Kashima
/ MD, PhD

患者さんへのご挨拶

これまで10年以上にわたり日米通算1万件以上の手術を行って参りました。 今までに私が培ってきた最先端医療の知識や経験を日本でお困りの患者さんの為に提供していきたいと思っています。

経 歴

2002年 群馬大医学部卒 群馬大学
眼科学教室
2004年 伊勢崎市民病院
2005年 群馬大眼科
2007年-09年 聖隷浜松病院
眼形成眼窩外科へ国内留学
2009年 群馬大にて眼形成外来を開設
2012年 学位取得
群馬大学眼科 助教
2010年-18年 アジア太平洋眼形成学会理事
2015年-16年 カリフォルニア大学
ロサンゼルス校へ留学
2017年 新前橋かしま眼科形成外科
クリニック 開院
2018年 オキュロフェイシャルクリニック
東京 開院
2019年 The NewYork Times特別企画「Next Era Leaders 2019」選出
2020年 アメリカ眼形成学会(ASOPRS)会員

海外・国内活動

2009年 Singapore National Eye Center
2010年 アジア太平洋眼形成外科学会 北京
Invited Speaker
2011年 ヨーロッパ眼形成学会 コモ(イタリア)
2012年 世界眼科会議 アブダビ
Invited Speaker Asia ARVO 
シンガポール Invited Speaker APAO 釜山 Invited Speaker
アメリカ眼科学会 シカゴ
Invited Speaker
2013年 APAO ハイデラバード
Invited Speaker アメリカ小児眼科学会
シンガポール Invited Speaker
ヨーロッパ眼形成学会 バルセロナ
2014年 世界眼科会議 東京 Invited Speaker
アジア太平洋眼形成外科学会 デリー
アメリカ眼形成学会 シカゴ
2015年 APAO 広州 Invited Speaker
2016年 KSAS(Korea Society of Aesthetic Surgery) meeting in Seoul
ITEDS(International Thyroid
Eye Disease) meeting in
London APSOPRS &
JSOPRS joint meeting session
chair iseminer
甲状腺眼症の手術治療など講演多数。
2017年 アメリカ眼科アカデミーinstructor、
韓国眼形成学会invited speaker、
中国眼形成学会invited speaker
2018年 アジア太平洋国際学会APAO invited speaker
2019年 アジア太平洋国際学会APAO invited speaker、
ITEDS invited speaker、
OPAIC invited speaker
2021年 アジア太平洋眼形成学会 invited speaker

監修・著書

メオアイス
監修

外眼部の周術期のケアに

メオアイス
名古屋眼鏡 まぶたやその周囲の手術のあとの”腫れ”や”痛み”を防止する目的で作られた医療用商品です。

アトラス眼瞼手術
著書

責任編集者

超アトラス 眼瞼手術
全日本病院出版 眼科と形成外科のコラボレーションを目指す、意欲的なアトラスが登場! オールカラーの連続写真、詳細なシェーマでわかりやすく解説されています。

眼瞼形成手術の基本手技
著書

責任編集者

ここからスタート! 眼形成手術の基本手技
全日本病院出版 眼形成外科を目指すドクターへの入門書。手術の道具や手技を詳細に解説しています。

鹿嶋先生 公式ブログはこちら
診療時間
8:15〜17:15 - -

[休診日]月曜・日曜・祝日
※水曜は12時まで診療(お電話は17:15まで受け付けております)
※当院の診療は完全予約制になります。

アクセス
眼形成外科【オキュロフェイシャルクリニック京都】
〒600-8031
京都市下京区貞安前之町589
TM四条寺町ビル4階
  • 阪急電鉄京都線「京都河原町駅」 徒歩3分
  • 市営地下鉄烏丸線「四条駅」 徒歩8分
GoogleMapを開く
インスタグラム